×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

全目次 販売 最新情報 ヤーコン そば・うどん メシマコブ ハナビラタケ 他のキノコ 健康 野菜 果物 栽培・農法 俳句・川柳 検索

ひな祭り ひなまつり 雛祭り 桃の節句 俳句・川柳 

 

 

http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fimage.rakuten.co.jp%2fwshop%2fdata%2fws-mall-img%2fkagoo%2fimg128%2fimg10161836105.jpeg&m=http%3a%2f%2fimage.rakuten.co.jp%2fwshop%2fdata%2fws-mall-img%2fkagoo%2fimg64%2fimg10161836105.jpeghttp://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fimage.rakuten.co.jp%2fwshop%2fdata%2fws-mall-img%2fnorthmall%2fimg128%2fimg10232144423.jpeg&m=http%3a%2f%2fimage.rakuten.co.jp%2fwshop%2fdata%2fws-mall-img%2fnorthmall%2fimg64%2fimg10232144423.jpeghttp://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fshaddy%2fcabinet%2fhina%2f064054048.jpg%3f_ex%3d80x80&m=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fshaddy%2fcabinet%2fhina%2f064054048.jpg%3f_ex%3d64x64

 

                                         

雛祭り(ひな祭り)などの俳句・川柳を集めた。

入力していたら、昔のことが思い出された。50年ほど前、姉は紙に書いた雛人形を飾ったと言う。誰が書いたか分からないが、今はわが家にある。

イリノイ大にいた1978年には折り紙で十二単の雛人形を2組作った。1組は物理の図書室に飾ったが、その後どうなったかは知らない。(Physics Libraryに当時いたLibrarianN女史はまだ勤めているようだ。)

ミュンヘン大学にいた時には大きなカラーフォイルで兜を折り、同室だったカナダ人のNortonにプレゼントしたこともある。

 

奥田白虎編:新版川柳歳時記(創元社、昭和58年)

桃の節句 もものせっく 雛の節句 

3月3日

初孫の知らせは モモの お節句に           奥田かよ子

日本はよし 雛の軸 桃の壺              高木幸太郎

老いて なお華やぐ刻を 雛節句            松田咲江

初孫が ちゃんと座って 雛節句            岡田喜雄

 

雛市 ひないち 

3月3日ごろ

草庵の 一町つづく 雛の市              多留・十四編

雛のわん 小馬鹿にならぬ 高いもの          多留・十八編

 

雛 ひな 雛祭り ひいな 紙雛 雛壇 

3月3日

よき人を 得た仕合わせの 飾りびな          河内さい子

遠からず 母となる日の 雛飾る            近藤ゆかり

ひな人形 母娘の歴史 脈々と             本田遊香

古雛の 栄枯盛衰 母と娘と              三浦カツ女

すこやかに 育つ願いを 初雛に            古川喜久

紙びなを 折って子のない ひな祭り          西川鯉千之

古びなの 微笑なつかし 亡母の顔           上堀松美

ひとときを 童女にかえる 雛人形           園田世志乃

飾らねば 雛泣きなさる 羽根たたき          安部光子

ひな祭り 童女にもどる 灯をともす          一鬼ふく世

 

 

雛あられ ひなあられ 

3月3日

ぼんぼりの灯に 赤が浮く 雛あられ          古賀千鶴

雛あられ 昔話が したくなる             由良清子

人恋えば あわき彩もつ 雛あられ           森中恵美子

 

白酒 しろざけ 

3月3日

白酒へ きっちり座る 女の子             岩崎柳路

白酒に 酔えば昔は よき時代             山崎久美子

白酒に 饒舌を増す 雛の客              山崎涼史

美しく ひとりでいたし 雛の酒            森中恵美子

白酒に 雛も浮かれて 来そうなり           小田夢路

白酒に 官女のロマン 聞きもらす           花田四郎

白酒に ルンルン気分 春の色             落合ゆきよし

白酒の 今宵は 女天下なり              林一六

 

 

流し雛 ながしびな 雛送り 

3月3日

流しびな 闇を信じる ほかはなし           奥田白虎

流し雛 もうおもうまい 遠い人            大和条一郎

春寒し 着ぶくれし子の 流しびな           山本喜久子

月おぼろ どこまで行った 流しびな          竹田桂女

行く水の 流れは知らず 流しびな           赤堀隆治

雛に 厄あずけて流す 春の川             奥田かよ子

 

雛納め ひなおさめ 

3月3日以降

華やぎの 後のさみしさ 雛納め            饗場とみ

お雛さまに 来年も逢う 羽根箒            青木ひかり

 

**********************************************************************

     

雛祭りに関した句 

出典 新島:そば歳時記(中公文庫、1998

蕎麦切の 一すじのこる 雛の椀            俳諧けい 明和七年

毛氈の上で 二八を 盛り分ける            安永四年

樟脳に 包んで置いて 蕎麦を喰ひ           明和元年

御相伴 樟脳薫る 蕎麦を喰ひ             水治

出替りに 雛打まぜ けんどん屋            宝暦八年

紫宸殿 ぜげんが 雛の食う そばへ          寛政元年

雛さまと 受状 蕎麦で追つ立てる           弘化三年

 

華やぎの 後のさみしさ 雛納め            饗場とみ

 

 

長谷川櫂編:四季(読売新聞朝刊、2007) 

菜を洗ふ 手もとに 雛流れくる            大橋規倭子(キイコ)

 

花に又 ことしのつれも定まらず           野水(ヤスイ)

 雛の袂を 染むる はるかぜ             羽紅(ウコウ)

 

_____________________________________

水原秋櫻子・加藤楸邨・山本健吉:日本大歳時記(講談社、1996

  

 

読売俳壇2007より

手の平に牛車をのせて雛飾る            安居雅寿

 

仲畑貴志編:万能川柳名作濃縮版 上・下 (毎日新聞社、2000)  

雛祭り ひなまつり  

娘より 母が喜ぶ ひなまつり

 

 

 

 

 

行事の俳句・川柳を、Google サイト内検索してみましょう。

http://haikusenryu.yomibitoshirazu.com/

 

 

 

行事について、Googleサイト内検索をしてみましょう。

http://www1.ocn.ne.jp/~amiyacon/

http://amiyacon.web.fc2.com/

 

 

 

全目次 販売 最新情報 ヤーコン そば・うどん メシマコブ ハナビラタケ 他のキノコ 健康 野菜 果物 栽培・農法 俳句・川柳 検索