×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

全目次 販売 最新情報 ヤーコン そば・うどん メシマコブ ハナビラタケ 他のキノコ 健康 野菜 果物 栽培・農法 俳句・川柳 検索

色 俳句・川柳 

 

白 汚れなきもの・貴重なもの・完全で理想的なもの

鷹羽:俳句入学 (NHK出版、2002101

 

大空に 羽子の 白妙 とどまれり        高浜虚子    羽子=はね 白妙=しろたえ

雪と雪の 相克 かぎりなく 白し        津田清子    相克=そうこく

肘 白き 僧の かり寝や 宵の春        蕪村      肘=ひじ

夕桜 折らんと 白き のど見する        横山白虹    

白き手の 病者ばかりの 落葉焚         石田波郷    落葉焚=おちばたき

落椿 夜めにも しろき あはれかな       久保田万太郎  夜め=夜目

月光に 一枚 白き 芭蕉かな          田村木国

寒の月 白炎 曳いて 山をいづ         飯田蛇笏

明ぼのや しら魚 しろきこと 一寸       芭蕉      明ぼの=あけぼの

 

白をもて 一つ年とる 浮鷗           森澄雄     浮鷗=うき かもめ

 

白地着て この郷愁の 何処よりぞ        加藤楸邨    何処=どこ

赤 朱 明るい 明るく情熱的なもの・希望に満ちたもの・はだかの

曼珠沙華 散るや 赤きに 耐へかねて      野見山朱鳥

赤きもの 甘きもの 恋ひ 枯野行く       中村草田男

くれなゐの色を 見てゐる 寒さかな       細見綾子    くれなゐ=紅

白牡丹といふといへども 紅 ほのか       高浜虚子    白牡丹=はく ぼたん

聖夜 はや紅をおびゆく 星 得たる       阿波野青畝

外套の 裏は緋なりき 明治の雪         山口青邨    外套=がいとう 緋=ひ

蝸牛 虹は朱ケのみ のこしけり         大野林火    蝸牛=かたつむり 朱ケ=あけ

野に 赭らむ 冬雲 誰の晩年ぞ         堀井春一郎   赭らむ=あからむ

雀の巣 かの紅絲を まじへをらむ        橋本多佳子   紅絲=あかいと

針山の 針に 赤糸 まつり笛          鈴木鷹夫

寒紅の 燃え移りたる 懐紙かな         池上上二子

寒紅の きりりと 親を拒みをり         黛 執

黒  暗い 暮 上吉なもの・暗く哀れなもの 

梅雨富士の 黒い三角 兄 死ぬか        西東三鬼

黒南風や 波は怒りを 肩に見せ         鈴木真砂女   黒南風=くろはえ

紫が深まれば 黒雨の 菫            山口誓子    菫=すみれ

白魚の黒目 二粒づつ あはれ          福永耕二    あはれ=あわれ

紅くして 黒き 晩夏の 日が沈む        山口誓子

冬薔薇 紅く咲かんと 黒みもつ         細見綾子    冬薔薇=ふゆそうび

敵手と食ふ 血の厚肉と 黒葡萄         能村登四郎   葡萄=ぶどう

寒雷や いよいよ 黒き 火消壺         神蔵器

兜虫 漆黒の夜を 率てきたる          木下夕爾    兜虫=かぶとむし 率て=いて

漆黒の ピアノ 据ゑたる 大暑かも       林翔

外套の黒さをもって 別れとす          岡本眸

暗黒や 関東平野に 火事 一つ         金子兜太

 

青  漠 藍 若々しいもの・生命力に満ちたもの・瑞々しいもの 

ちるさくら 海 あをければ 海へちる      高屋窓秋    散る桜 海 青ければ

実朝の海 あをあをと 初桜           高橋悦男    青青と

さきみちて さくら あをざめ ゐたるかな    野澤節子    咲満ちて 桜 青ざめ

桃 青し 赤きところの 少しあり        高野素十

そら豆は まことに青き味 したり        細見綾子

滝 落ちて 群青 世界 とどろけり       水原秋櫻子    群青=ぐんじょう

七月の青嶺 まぢかく 熔鉱炉          山口誓子    熔鉱炉=ようこうろ

大空の 羽子 赤く又 青く又          阿波野青畝

白藤や 揺りやみしかば うすみどり       芝上器男

美しき 緑 走れり 夏料理           星野立子

みどり児の こぶしに 寒ンの極まりぬ      金尾梅の門

 

色 いろ イロ 

夏石番矢:現代 俳句 キーワード 辞典 (立風書房、1990)

木がらしや 目刺にのこる 海の色        芥川龍之介

月に飛び 月の色なり 草かげろふ        中村草田男

夢みて 老いて 色塗れば 野菊である      永田耕衣

ある街の 木瓜の肉色 頭を去らず        三谷昭

見とれるや むかしの空の 色を着て       高橋龍

少年は あけびの色を 科学する         橋本七尾子

 

 

 

 

季節の単語の俳句・川柳を、Google サイト内検索してみましょう。

http://haikusenryu.yomibitoshirazu.com/

 

 

 

食材・花 図鑑 販売

俳句・川柳・歳時記 書籍販売

 

 

全目次 販売 最新情報 ヤーコン そば・うどん メシマコブ ハナビラタケ 他のキノコ 健康 野菜 果物 栽培・農法 俳句・川柳 検索